2016ご時世の半年を振り返ってみて

今年もすでに半年が終わった。いっきだったというのが一直線な匂いです。

こういう半年にも各種ことがあったが、何よりも思い出深く、有用だったのは運命初の他国旅行に行けた要所。
前年の夏にパスポートを何とか手にして、さぁどこに行こうかって本格的に考え始めたのが10ひと月。そうして、考え始めたその日に行き先を決めて、アポイントメントを手配してしまった。その行き先はミクロネシア。
ネットで「状況 絶景 秘境」って検索した際に、一番上に出てきた撮影がミクロネシアにおけるジープ島ということであった。その撮影を見た瞬間に、細かいことは必ずや何も考えずに「ここに行こう」って即決したのだった。
そうして、旅行に出たのが今年の2ひと月。初めての成田空港、国際線、乗り換えなど、初トライアルに満ちていて、頼もしい段階を話すことができた。島ではイルカといった泳ぐこともできたし、大上出来だった。
わたしはこれを機に全く離島にはまってしまった。翌年の冬季は南太平洋グランドを一周しようかとも思っている。ただしまずは、目の前に迫っている日本の夏場を全力で楽しみたい。http://xn--iphone7softbank-d64x9398c.xyz/

イライラしたときにフィーリングをリフレッシュする技法

イライラする振舞い、大人になるほど話は複雑になりますし、難しいことやうまくいかない事項に直面する事が多くなってリラックスがめっきり苦しく感じます。

以前、なんの局で放送していたのかは忘れてしまったけれど、掌の中間のちょっと下にジリジリに効く手立てがあると言っていたので、押してみました。
因みに私のジリジリの原因は坊やだったりパパだったりします。
(怒りたくなってきた!)という思ったらすぐさま、その手立てを著しく5秒間押しました。
そうなると・・・ちゃんと意欲がフワフワしたのです!
あとは、(こんなにも頑張っているのになんで報われないんだろう。)などとおもう事もたくさんあります。
そんなとき、NHKで放送していた「SWITCHレポート大家陣」で芸人の藤山 直美様というやつのフレーズが身に染みました。
「訓練鍛錬するのは箸の変動するのとおんなじ。普通の振舞いなのに、努力していると思った瞬間に自分に恩着せがましく変わる。それはボディに現れる。」
おや。
現在、づらく難しい状況は「訓練鍛錬」であり、それは普通のことだから喚く必要もなく、しれっとかみしめていただけると感じることができました。
界隈で頑張っている他人がいるから、私だけじゃない。頑張ろうといった思えました。iPhone6に気軽に乗り換えて弁済も貰う